ローンカードとキャッシングカードの違いは?

ローンカードとキャッシングカードの違いは?

それぞれのカードの特徴を知ってからカードを作ろう

ローンカードも消費者金融にて発行されるキャッシングカードもどちらもお金を借りるという点では同じ機能となるため、区分が付きにくいものではあります。しかし、その内容は詳しく見てみると大きく違うので自分が借りるならどちらを選ぶべきか?しっかりと判断をしてカードを作る必要があります。

ローンカードの特徴

一般的に言われているローンカードは消費者金融以外の貸付会社が発行する融資カードになります。現金を借入するための専用のカードのため、基本的にはクレジット機能などは付いていません。では、消費者金融が発行するカードとの違いは何か?と言うと、大きなくくりでは借入金の大きさになります。ローンカードの場合には、旅行や高額の買い物をするための資金調達として利用されることが多くありますが、消費者金融カードの場合には、生活費や急な出費を賄うために利用される傾向があります。このため、両者の限度額額自体も大きく変わり、ローンカードでは初回限度額が100~500万程度ですが、消費者金融のカードでは、総量規制の法律の関係もあり50~100万円程度となります。

気になる金利について

また、ローンカードを扱っている会社は大手の信販会社や銀行などになるため、金利に関しても消費者金融よりも低く、返済に負担がかからないという利点があります。一般的な消費者金融でのキャッシングの場合、実質年率は平均18%と実際の借入金よりもかなり多く返済する必要があります。一方のローンカードを扱っている会社では、実質年率が最大9.8%の銀行などもありと雲泥の差となります。

このように、大口の資金が必要でさらに無駄な金利を支払いたくないという場合には、断然ローンカードがオススメです。一昔前までは、安定した収入がある方でないとローンカードの審査は通りにくかったのですが、最近ではどなたであっても比較的審査にも通りやすくなっていると言われています。

↑ PAGE TOP

Y All Rights Reserved.