ローンカードを作る時の注意点

ローンカードを作る時の注意点

ローンカードを作る前に絶対に忘れてはいけないこと

比較的どなたでも簡単に作れるローンカードは、大手信販会社などが発行しているということもあり、信頼感や安心感と言う点でも利用する方が増えています。目的別ローンなどのように細かい審査もなく気軽に自由になるお金が手に入るので、急な出費などがあったときにも1枚持っていると心強い味方になります。金利なども消費者金融などのキャッシングに比較をすると比較的良心的ではありますが、使い方を間違えてしまうと、その後の人生が台無しになることも考えられるので、十分な注意が必要です。

借入計画と返済計画をしっかりと立てる

最近のカードローンは比較的簡単に融資枠が増額する仕組みになっています。そのため、当初必要であった金額を借りたあとに、融資増額が可能となる通知を受けてしまって、使う予定もないのに、無駄に融資を受けてしまうことがあります。こうなると返済金額が増えるばかりでなく、返済期間も長引いてしまいなかなかローン完済ができなくなってしまうのです。このようなことがないように、ローンカードを持つ前には、その目的と返済シュミレーションをしっかりと練って、それ以外の融資は必ずお断りすると心に決めておくと良いでしょう。

返済はたとえ1日であっても遅れない

一般的な消費者金融のキャッシングローンの場合には、1週間程度返済が遅れたとしても、その分の金利が増えるだけで、すぐにはブラックリスト入りにはなりません。ところが、大手信販会社などが発行しているローンカードの場合には、1日でも支払いが遅れると、その途端に返済不可能者リスト入りをしてしまう可能性が大いにあります。それだけでなく、消費者金融同様、遅延損害金が発生し通常の金利よりも高い支払いが必要となり、無駄なお金を使うことになってしまうので、必ず返済日は守るようにしましょう。

↑ PAGE TOP

Y All Rights Reserved.