ローンカードとクレジットカードの違いは?

ローンカードとクレジットカードの違いは?

ローンカードとクレジットカードは融資の性質が違う

ローンカードは、銀行や信販会社が発行しているカードで現金の融資がメインとなるカードです。借りるお金は使途自由となり、レジャーや買い物などの資金調達の目的でも融資が可能です。つまり自由なお金を借りるために使うカードがローンカードです。ローンカードには限度額が設定されていますが、その金額以内であれば繰り返し融資が可能になることも目的別ローンとは異なります。一方のクレジットカードは、信販会社(VISAやマスターカード)などが発行しているカードとなり、主な目的はショッピングなどの代金を信販会社が代理で建て替えるためのカードとなり、キャッシング可能額は少ないのが特徴です。

ローンカードのメリットデメリット

ローンカードのメリットは、いつでもお金が借りられるという点です。また、クレジットカードを作るのに比べると審査が通りやすくもなっているので、専業主婦や学生の方でもカードを持つことが可能になります。金利という面においてもクレジットカードのキャッシングや消費者金融のキャッシングよりも低いため返済についても負担がかからないと言うのもメリットになります。一方でカードローン利用をした場合には、先述したように金額枠内であれば何度も利用できるため、つい甘えてしまいいつまでたっても返済が終わらないケースに陥ってしまうこともあります。こうならないために、ローンを組む際には目的をはっきりとさせ、計画をしっかりと立てることが必要です。

ローンカードとクレジットカードを持つならどっち?

結論から言えば、現金の借り入れをメインにしたい方はローンカードがオススメです。発行先によっても融資可能額などが異なるので一概には言えませんが、大手の銀行や信販会社から発行しているローンカードの場合、100~500万程度の借り入れが可能となります。これだけの金額を目的別ローンで借入するとなると審査なども厳しくなりますが、ローンカードでしたら、さほど審査も厳しくなく借りることができます。ちなみに一般的なクレジットカードのキャッシング限度額は、50~100万円程度となっているため、まとまった金額が必要になった時には、ローンカードを持っていた方が何かと便利なことがあります。

↑ PAGE TOP

Y All Rights Reserved.