ローンカードについての基礎知識

ローンカードについての基礎知識

ローンカードは消費者金融とは別物?

カードローンとローンカード、言葉こそ似ていますが実際の意味は異なります。カードローンは消費者金融などのカードを使い現金の貸付をしてもらうサービスとなりますが、ローンカードは、信販会社が発行する現金貸付専門のカード発行を指し消費者金融のそれとは異なります。とはいえ現金を貸し付けするカードという点では同じとなります。しかし、ローンカードは旅行や高額な買い物の目的がある時に利用する傾向があるため、融資額もそれなりに多くなるのが特長です。一方の消費者金融カードの場合には、思わぬ出費などが嵩んだ時の生活費を賄うための融資傾向が強く、借入金額もさほど高くありません。また、審査の点では限度額が最初から高く設定されているローンカードの方が厳しくはなっていますが、金利などは低めとなっています。

クレジットカードとの違いは?

クレジットカードもローンカードもどちらも信販会社から発行されているものが大半ですが、大きな違いは買い物のローンができるかどうかです。クレジットカードの場合には、デパートなどで商品を購入する際には、信販会社がその代金を負担してそれをカード所有者から毎月ローンを徴収する仕組みとなっています。一方のローンカードにはクレジット機能は付いていないので、カードを使って商品を購入することは不可能となります(但し、最近ではクレジット機能の付いたローンカードも少しずつ発行されていますが、まだまだ少ないのが現状です)。ただし、カード自体の貸付金額に関しては、クレジットカードのキャッシング限度額は少なく、50万円が上限というものもあるため、現金を多く必要とする人にとってはローンカードが断然おススメとなります。

ローンカードのメリット

ローンカードのメリットは、比較的誰でも作りやすいという点です。少し前までは、ローンカードを作る際には、カードローン審査があり、収入証明などが必要となっていましたが、最近はある程度の金額までなら収入証明などがなくても作れるローンカードがあります。また、目的別のローン(学資ローンや住宅ローンなど)の場合には、そろえる書類も多く手続きも面倒、さらにはローン審査も厳しいとあって躊躇をしてしまう方もなかにはいますが、ローンカードの場合には、目的は使途自由のため、必要書類や手続きなどは目的別ローンほど難しくありません。さらに最近では最短30分で高額融資が可能なローンカードなども登場していることもあり、作られやすくなっています。また、大手信販会社や銀行によるカード発行のため、金利も低く返済方法なども明確で安心感があることもメリットとなっています。

ローンカードの注意点

とはいえ、ローンカードは立派な現金貸付カードとなり、借りる金額が増えれば金利も増えますし返済も大変になります。このため、お金を借りる目的を明確にして、返済シュミレーションをしっかりと把握し無理のない返済計画を立てる必要があります。また、消費者金融の場合には、遅延損害金によっても利益を得ているため1週間程度の滞納であれば見逃されることがほとんどですが、ローンカードを発行している会社の場合には、たった1日の延滞であったも貸付取引が中止となり債権回収となるケースも少なくありません。このため、返済日は必ず守ると言うのは大前提となり、そのうえでさらに銀行口座での引き落とし返済の場合に口座に返済分の預金があることを常に確認しておく必要があります。

ローンカードを扱う会社

現在、さまざまな信販会社や銀行がローンカードを発行していますが、なかでもカードの内容や特典などで人気となっているのが、三井住友銀行から発行しているエブリカード、JCBローンカード、オリエントコーポレーションのCRESTカード、楽天の楽天VIPローンカードなどになっています。

カードローン即日

↑ PAGE TOP

Y All Rights Reserved.